2013年12月16日

書斎のインテリアとしてもお洒落です リアル骨格標本


さまざまな脊椎動物の骨格を樹脂封入し、さまざまな角度から観察できるようにしてある骨格標本。本物の骨格を使用しているので、リアルな造りが学べます。
樹脂封入されているので保管やお手入れも簡単で、書斎のインテリアとしてもお洒落です。



●タイプ/01:コウモリ、02:カエル、03:鳥、04:ヘビ、05:魚
●サイズ/01:縦90×横135×厚さ24mm、02:縦90×横135×厚さ35mm、03:縦90×横135×厚さ24mm、04:縦90×横135×厚さ24mm、05:縦90×横220×厚さ40mm
●材質/アクリル、骨
●中国製
●重さ/01:345g、02:500g、03:345g、04:345g、05:930g.




posted by アフェイ at 10:00| Comment(0) | おもしろい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

カセットテープの音源をデジタル化できる



カセットテープをパソコンに取り込めるUSB接続のプレイヤー

ION アイオンポータブルUSBカセットテープ・プレイヤーTape Express【カセットプレイヤー】

サイズは111×85×30mmとカセットテープのケース2つ分の大きさ。ソフトはWindows版とMac版の両方が付属する。ちなみに筆者の20年前のテープは劣化していたためか、音質面ではがっかりするものが多かった


久しぶりに実家に帰ったときに物置をあさったら、たくさんのカセットテープが出てきた。そのほとんどが、筆者が10代の頃にラジオを録音したり、友達から借りたCDをダビングしたりして集めたもの。

ところが、懐かしくなって聞き返したくても、再生機器はすべて処分して手元にない。今さらテープデッキを買うのももったいないな、と思っていたときに見つけたのが「Tape Express」。実売価格も4000円程度とお手頃ながら、カセットテープの音源をデジタル化できるというアイテムだ。

見た目は、昔からあるポータブル型のカセットプレイヤーそのもの。昔と違うのは、USBコネクターが付いていて、パソコンにつながるところ。製品に付属している専用録音ソフトを使うことで、カセットテープの音声を簡単にMP3などのデジタルデータに変換できる。

付属のソフトの使い勝手も考えられており、例えば曲と曲の間の無音部を検知して、ファイルを分割したり、テープが停止したら録音を自動的に終了させたりできる。なのでデジタル化作業を開始したら、放置してOKなのもうれしいところ。

パソコン接続時はUSBバスパワーで動作するが、乾電池でも動作可能。ヘッドフォン出力もあるので、ポータブルカセットプレイヤーとして使うこともできる。

筆者のように、捨てられずにカセットテープを溜め込んだままの人、Tape Expressなら値段の面でも、手間の面からもリーズナブルにテープの音源を復活させられますよ。
ION アイオンポータブルUSBカセットテープ・プレイヤーTape Express【カセットプレイヤー】
posted by アフェイ at 10:00| Comment(0) | おもしろい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。