2012年04月30日

口内炎や舌炎・口角炎を起こしやすい人

ストレスが多い人は、口内炎や口角炎を起こしやすいと言われるが、
意外と、睡眠不足が原因となっていることがあります。

ストレス=睡眠不足に結び付きますが、インターネット等で夜、遅くまで起きていると口内炎や舌炎、口角炎を起こします。

寝るのは、12時までが限度らしい、筆者は、夜中の3時くらいが多いが、そのときには決まって口内炎に悩まされる。
内臓など病気がちのひとは、10時頃に、理想は夜の8時ころには寝ると内臓が機能回復します。

睡眠不足は、寝ているときに、口の中を調整するためなのか、寝言を言ったり、片方の歯で噛み締めたりするため、舌先を噛んだり、ほほの内側を噛んだりして、口を多分に動かすようだ。

東洋医学に、舌を診て、病気を当てるという、部門がある。
舌が赤いか、白いか、ぶつぶつが出来ているか、舌を出したとき、真直ぐか、よく出ているか。
専門の医者が診ると、病気が分かるらしい。

ドモリの癖がある人は、舌が緊張して上手く動かせないためらしい。

毎日、ストレスの多い、過剰な緊張をして生活していると、気持ちがイライラしてきます。

ちなみに、イライラしない生活とは、夢を諦めないで希望と目的を持つこと。
良き友人を持つこと・睡眠をしっかりとること・就寝前に食事をしないこと・何を好んで食べるかも問題です、甘いもの、辛いものをとり過ぎない。もちろん、アルコールもほどほどに!!
posted by アフェイ at 23:18| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。